• インプラント治療
  • 入れ歯治療

きしだ歯科クリニックのインプラント治療

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯が抜け落ちた部分にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上からセラミック製の人工歯を装着して歯の機能を回復させる治療です。人工歯根が顎の骨と強固に結合するため、違和感なくしっかりと咬むことができます。また、セラミックの人工歯はきれいな色味で、透明感のある白い歯がよみがえります。なお、お手入れはご自分の歯と同様に毎日のブラッシングと歯科医院での定期検診が必要です。

Pick Up 患者様へのメッセージ

当院は、平成5年からインプラント治療に取り組んでまいりました。現在では最新のCT機器も導入し、術前の診断を慎重に行い、より安心・安全な手術を実現しています。なお、平成25年7月現在の残存率は97.6%(165本中)です。

前歯部には審美性に優れた「2ピースタイプ」、奥歯には耐久性に優れ費用も安価な「1ピースタイプ」と、症例に合わせたご提案を差し上げるのはもちろん、被せ物を入れた後も定期的にチェックしてトラブルを未然に防いでいきます。

Pick Up インプラント本で紹介されました

※画像をクリックすると詳細情報をご覧いただけます。

『患者さんが勧める 歯科インプラントならこの先生』
多くの患者さんが、その技術に安心し、心づかいに共感した。信頼のインプラント歯科医として、きしだ歯科クリニックが紹介されました。

  • ページの先頭へ戻る

当院が採用するインプラントメーカー

江東区・清澄白河のきしだ歯科クリニックでは、AQBインプラントをはじめ、ZIMMER、PLATON、ミューワンなど、数多くのインプラントシステムを取り扱い、患者様の症例・ご希望・ご予算に合わせて最適なシステムをご提案しています。

AQBインプラント

AQBインプラントとは、国産インプラントのなかでも多くの歯科医院に選ばれているインプラントシステム。純チタンに再結晶化させたハイドロキシアパタイトをコーティングしたもので、ハイドロキシアパタイトが「バイオインテグレーション」という強い結合を起こしてしっかりと固定されます。シンプルな術式ながらも安全性や安定性に優れ、ゆるみがなく幅広い操作性を持っています。

当院では、AQBインプラントコーディネーターの資格を持った専任スタッフが丁寧なカウンセリングを行ったうえで治療にあたっています。

  • ページの先頭へ戻る

当院のインプラント治療

インプラントオーバーデンチャー

取り外しできる入れ歯を支えるためにインプラントを使用する治療法。特に、入れ歯が不安定になりがちな下顎の入れ歯を安定させるのに効果的です。
※やせてしまった骨にも対応できる直径2.0~2.5ミリのミニインプラントタイプも使用

咬みにくさを解消 顎の骨の吸収を抑止
顎の骨と結合したインプラントによって入れ歯を安定させられるため、「咬みにくい」「すぐに外れる」など、合わない入れ歯を使い続けるストレスから解放されます。 一般的な入れ歯を使っていると、顎の骨が次第に痩せていき、合わなくなってきて痛みが生じるようになりますが、インプラントオーバーデンチャーなら咬む刺激が顎の骨に伝わるため、顎の骨が痩せるのを防げます。
口臭対策に効果的 経済的
合わない入れ歯を使っていると、隙間に食べカスが入ることによって口臭が発生することがあります。インプラントオーバーデンチャーは入れ歯をぴったり安定するため食べカスが溜まりにくく、口臭対策にもなります。 今お使いの入れ歯とインプラントの組み合わせになることで、すべてインプラント治療に切り換えるよりも経済的です。
抜歯即時埋入

抜歯するのと同時にインプラントを埋め込む治療法です。一般的なインプラント治療では、抜歯からインプラントの埋入までに数ヶ月以上の治癒期間を置く必要がありますが、抜歯即時埋入なら治癒期間を置かずに済むため、治療期間を大幅に短縮できます。

フラップレス

一般的なインプラント治療では歯ぐきを切開してインプラントを埋入しますが、フラップレスという技術を使えば、歯ぐきを切開することなくインプラントの埋入が可能。術後の腫れや痛みが少なく済み、回復が早いのがメリットです。

ソケットリフト

顎の骨が足りない患者様がインプラント治療を受けるためには、インプラント埋入時に骨再生治療を受けて、顎の骨を回復させる必要があります。ソケットリフトは骨再生治療の一つで、インプラントを埋入する穴から骨補填剤を注入し、粘膜を押し上げながら骨を増やします。

  • ページの先頭へ戻る

当院の設備機器

CT
当院では、インプラント治療にあたっての診断や術後の経過観察にもにCTを活用しています。CTでは、患部の3D画像を取得できます。歯や顎の骨の状態を詳細に把握でき、精度の高い診断を実現。安全性の高い確実なインプラント治療につなげています。
シムプラント
シンプラントとは、CT撮影によって得られたデータを3D画像によって再構築し、インプラントの埋め込み手術をシミュレーションするソフトウェア。顎の骨の形や骨質を解析し、口内のあらゆる情報を把握・検証します。咬み合わせや歯並び、顎の骨の断面図、神経の状態などを立体的に確認できます。これにより、実際の埋め込み手術、回復状況などを細かくシミュレーションでき、綿密な治療計画が立てられます。
  • ページの先頭へ戻る

インプラント治療の流れ

1 カウンセリング

歯のお悩みやご要望などをお伺いします。疑問や不安がございましたら、遠慮なくお尋ねください。

2 治療計画立案

虫歯・歯周病の検査やレントゲン、CT、口内写真の撮影を行います。インプラント治療を行えるかどうかを判断し、治療計画を立案します。

3 一次手術

インプラントを埋め込む部分の歯ぐきを切開し、人工歯根を埋め込みます。AQBインプラントは連結台があるため、1回の手術で済みます。

4 治癒期間

約2ヶ月の治癒期間を設けます。AQBインプラントは他に比べて治癒期間が短いのが特徴です。

5 人工歯装着

顎の骨と人工歯根の結合が確認できたら、セラミック製の人工歯を装着します。

6 定期検診

10年・20年と長く使い続けていただくためには、毎日のブラッシングと定期検診が大切です。3~6ヶ月程度に1回の来院で各種ケアを行います。

PERIOTEST

当院では、インプラント術後の経過観察に「PERIOTEST」という機器を用いています。PERIOTESTの導入によって、インプラントと骨の結合状況を正確に測定できるようになりました。客観的なデータを得ることで、人工歯を被せるタイミングの決定や定期検診時の経過観察などにおいても、これまで以上の正確な判断が可能。測定・検査は無痛ですから、安心してお任せください。

  • ページの先頭へ戻る

インプラントQ&A

インプラント治療に痛みはありますか?

手術は抜歯程度の小規模なもので、麻酔をするため術中の痛みはありません。翌日もほとんど痛みはありません。ご安心ください。

インプラントはどれくらい持ちますか?

ご自宅で毎日、丁寧なブラッシングを行っていただき、3~6ヶ月に1回程度、定期検診を受診していただければ10年以上はお使いいただけます。当院では平成4年に現存のものとはタイプが違うインプラントを入れた患者様が今でも問題なく使っています。

インプラント治療は何歳でも受けられますか?

顎の骨が成長した18歳以降であれば問題ありません。なお、重度の糖尿病などの全身疾患を患っている場合は治療を受けられないケースがあります。

定期検診は必ず受けなければいけませんか?

必ず受診していただきます。インプラントはきちんとしたメインテナンスをすれば10年以上と維持できますが、メインテナンスを怠ると数年と持たずに抜け落ちてしまうほど、治療後のケアが重要です。せっかく取り戻した大切な歯を維持するため、定期検診は必ず受診してください。

硬いものを食べでも大丈夫でしょうか?

治療後すぐの間は、硬いものは避けてやわらかいものを食べてください。2ヶ月以上経過して安定したら硬いものでも問題ありません。

  • ページの先頭へ戻る

インプラント症例

ブレードインプラント
ブレードインプラント
平成4年9月に植立した症例(平成29年に撮影)
ブレードタイプのインプラントはすっかり見かけなくなりましたが、現在も全く問題なく機能しています。
インプラント術後8年経過
術前 2000/6/17 術後 2008/6/17
術前 術後 8年
術後8年経過 拡大写真
術後8年経過 拡大写真
GBR
術前 2012/10/3 術前 2012/10/3
術前 術後 4ヶ月
ソケットリフト
術直後 2009/6/27 術後 2010/12/4
術直後 術後 1年5ヶ月
骨造成
術前 2011/4/9 術直後 2011/11/12
術前 術直後
術後 2013/2/2 術後 2013/2/24
術後 1年2ヶ月
  • ページの先頭へ戻る

インプラント料金表

※価格はすべて税抜き表記です。

画像診断
(1)CT画像処理診断(シンプラント) ¥15,000
インプラントの種類
(2)-1 1ピース(AQB)、ミューワン Tタイプ ¥130,000
(2)-2 2ピース(スプライン、ジンマー) ¥200,000
上部構造の種類
(3)上部構造の代金 クラウンより選択
基本セット (1)+(2)+(3)
オプション
サージカルガイド ¥50,000
ソケットリフト ¥50,000
人工骨(βTCP) ¥30,000
人工膜(バイオメンド) ¥20,000
テルプラグ(コラーゲン) ¥2,000(インプラント予定の方は無料)
  • ページの先頭へ戻る

きしだ歯科クリニックの入れ歯治療

手術を必要とせず、比較的短期間で失った歯の機能を取り戻すことができる入れ歯治療。入れ歯には、保険診療と自費診療の2種類があり、それぞれ費用や機能、見た目の違いがあります。

Pick Up 患者様へのメッセージ

部分入れ歯や金属床の総入れ歯は、保険の入れ歯に比べて薄く丈夫につくることができるため、異物感の少ない入れ歯になります。また、支えにする部分に金属を使わない「ノンクラスプデンチャー」なら、入れ歯がほとんど目立ちません。「異物感がある入れ歯は嫌だ……」「目立つ入れ歯はちょっと……」という方もお気軽にご相談ください。

取り扱い入れ歯

ノンクラスプデンチャー

金属を使わない部分入れ歯。審美に優れているほか、軽くてやわらかい素材でできているため、装着感の違和感も少なく済みます。

マグネットデンチャー

残っている歯と入れ歯に特殊な磁石を装着して、磁力で固定する入れ歯。残っている歯への負担も少なく済み、審美性にも優れています。

シリコンデンチャー

やわらかく丈夫な生体用シリコンを使用した入れ歯。装着感が自然で、審美性にも優れています。

コーヌスクローネデンチャー

茶筒と同じ原理で固定する、バネを使用しない部分入れ歯。咬む時の揺れる感じが少なく、支えに使う歯にも優しい審美性にも優れているのが特徴です。

金属床義歯(チタン床・コバルトクロム床)

入れ歯の床の部分が金属でできた入れ歯。チタン床、コバルトクロム床などがあります。割れにくく、変形しにくいのが特徴です。

チタン床義歯 コバルトクロム床義歯
金属床義歯のなかでもっとも軽くて丈夫。生体親和性が高く、軽さと強さを併せ持っています。金属アレルギーを起こしにくいのも特徴です。 強度と柔軟性を併せ持っているコバルトクロム義歯。錆びにくく生体親和性が高いのも特徴です。
  • ページの先頭へ戻る

入れ歯料金表

※価格はすべて税抜き表記です。

金属床
一般床 部分床 ¥180,000 全部床 ¥200,000
チタン床 部分床 ¥250,000 全部床 ¥300,000
マグネット(1本あたり) ¥30,000 修理 ¥10,000
ノンクラスプデンチャー
片側床 1歯 ¥100,000
2歯 ¥110,000
3歯 ¥120,000
両側床 ¥150,000
金属床とのコンビ ¥180,000
コーヌスクローネデンチャー(ソフトコーヌス)
内冠+外冠 1支台歯 ¥100,000 両側 ¥150,000
+金属床 片側 ¥100,000 ~両側 ¥150,000
  • ページの先頭へ戻る