きしだ歯科クリニックの虫歯治療

虫歯とその原因

虫歯とは、歯が溶けてしまう病気。口のなかにいるミュータンス菌という虫歯の原因菌が、食べカスをエサにして歯垢(プラーク)をつくり出し、そこから出る酸が私たちの歯を溶かしていきます。かかり始めの虫歯はブラッシングによって治癒することがありますが、ある程度進行してしまったら後は悪化していく一方。自然に治ることはありません。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状と治療法

C0:脱灰

C0:脱灰
歯の表面のエナメル質が少し溶けて、濁りが見られる状態。痛みなどの自覚症状はありません。正しいブラッシングによって治癒することがあります。

C1:エナメル質の虫歯

C1:エナメル質の虫歯
エナメル質が溶けて歯の表面が黒くなった状態。まだ痛みなどの自覚症状はありません。虫歯部分を削ってプラスチック(レジン)を詰めて治療します。

C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯
エナメル質の内部の象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものを食べると歯がしみて痛みます。虫歯部分を削って詰め物(インレー)を詰めて治療します。

C3:神経に達した虫歯

C3:神経に達した虫歯
虫歯が神経にまで達した状態。何もしていなくてもズキズキと激しい痛みを感じるようになります。ほとんどの場合、神経を取り除く治療(根管治療)を行い、被せ物(クラウン)を被せて機能を回復させます。

C4:歯根に達した虫歯

C4:歯根に達した虫歯
神経が死んで、歯根まで虫歯が達した状態。ひどい場合は抜歯をして、インプラント治療やブリッジ、入れ歯治療を行う必要があります。

Pick Up 患者様へのメッセージ

虫歯は、できるだけ小さいうちに治したほうが削る量も少なく済みますし、麻酔を使わずに治療できるケースも多くなります。当院では、初診時の歯科医師によるチェックと、クリーニング時の歯科衛生士による「Wチェック」で、ご自身では気付かないような初期の虫歯も見逃さないように努めています。

歯を残すための根管治療

神経まで達した虫歯(C3の虫歯)に対して行う治療を「根管治療」と言います。根管治療は、感染した神経を除去し、神経が入っていた管(根管)を洗浄・消毒して薬剤を詰め、最後に被せ物をする治療です。きちんと根管治療を行えば、自分の歯を残して機能を回復させることができます。

根管治療の流れ

Pick Up 患者様へのメッセージ

根管治療は大きく分けて2種類あります。一つは、虫歯が大きくなって神経を除去するケース。もう一つは、過去に行った根管治療が不十分なために痛みが出るなどして再治療が必要になるケースです。もっとも重要なのは、できるだけ神経を取らないようにすることですが、次に重要なのが、初めて神経を除去することになった場合に徹底した治療をすることです。徹底した治療とは、根管内を無菌状態に保ちながら根管の先端まで薬剤でしっかり密封すること。再治療の場合も目標は同じですが、すでに細菌感染を起こしているため、完全に無菌状態にするのが難しく、成功率は落ちてしまいます。

当院では、成功率を上げるべく、できる限り時間をかけて根気よく根管治療に取り組んでいます。なお、難症例の場合は、大学の根管治療の専門機関をご紹介しています。

根管治療の重要性

根管治療は、「歯の基礎治療」とも呼ばれる重要な治療で、高度な技術が必要とされます。歯の土台をつくる根管治療がいい加減だと、どんなにいい被せ物をしたとしても、その歯を長持ちさせることはできません。

Pick Up NiTiファイル

江東区・清澄白河のきしだ歯科クリニックでは、精度の高い根管治療を実現するため、「NiTiファイル」という器具を用いています。NiTiファイルは、形状記憶合金(ニッケルチタン)製の治療器具で、根管治療に用いることで歯へのダメージを最小限に抑えられ、通常のステレンスファイルでは難しい湾曲した根管でもきれいに清掃することが可能です。

根尖病巣
根尖病巣 術前 根尖病巣 術後
術前 術後
右下7番の根尖病巣の術前、術後の写真です。
このような大きな病巣も根の治療のみで約6か月で完治しました。
根管治療の症例
術前 1992/4/21 術後 2008/7/2
術前 1992/4/21 術後 2008/7/2
  • ページの先頭へ戻る

きしだ歯科クリニックの歯周病治療

歯周病とその原因

歯周病は、歯ぐきや顎の骨など歯周組織に炎症を起こす病気。進行すると歯を支える顎の骨が溶かされ、支えを失った歯は抜け落ちてしまいます。程度の差こそあれ、日本の成人の大半がかかっていると言われる病気で、虫歯を上回り日本人が歯を失う原因の第1位となっています。

歯周病の直接的な原因は歯垢(プラーク)・歯石ですが、その他にも、喫煙や偏った食生活、ストレス、合っていない入れ歯・詰め物、歯ぎしりなども歯周病の原因になると言われています。「歯磨きをすると歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが痩せてきた」「歯がグラグラする」といった症状は歯周病のサインです。少しでも疑わしい症状が見られたら、早めに診察にお越しください。

Pick Up 患者様へのメッセージ

高齢化が進むにともない、昨今では虫歯よりも歯周病に罹患する方の数が増えています。歯周病は痛みを感じる段階までくると、すでに歯を支えている顎の骨がかなり溶かされてしまっており、長期的に安定して咬むことが難しくなってきます。

当院は歯科衛生士担当制を採用し、専属の歯科衛生士が一人ひとりの患者様の小さな異変も見逃さないようにしています。徹底した歯周病検査・治療および定期的なメインテナンスによって、できるだけご自身の歯を長く維持していただけるように努めます。

歯周病の検査法

ポケット検査

「プローブ」という器具を使って歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)の深さを調べます。歯周ポケットが深いほど、歯周病が進行していることを示します。正常値は2ミリ位で6ミリ以上になると歯肉が腫れる・咬むと痛いなどの症状が出やすくなります。10ミリ以上は抜歯の対象になります。

歯の動揺度検査

ピンセットで歯をつまんで動かし、グラつきの程度を調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行していることを示します。

レントゲン検査

顎の骨の状態をレントゲンで検査します。歯周病が進行すると顎の骨が溶けていくため、レントゲン写真で顎の骨が薄くなっていれば進行していることになります。

Pick Up 位相差顕微鏡による細菌検査

江東区・清澄白河のきしだ歯科クリニックでは、位相差顕微鏡を使って歯周病検査を行っています。位相差顕微鏡は、歯周病の原因となる口腔内の細菌を生きたまま鮮明な画像で観察できる顕微鏡のこと。現在の菌の状態を把握し、今後どういう状態になっていくのかを予測することで、的確な歯周病治療につなげています。

歯周病の治療法

スケーリング

「スケーラー」という器具を使って、歯の表面に付着した歯垢・歯石を取り除きます。

ルートプレーニング

歯周ポケットの内部まできれいにします。その後、歯の表面を滑らかな状態にして、歯垢・歯石の再付着を防ぎます。

Pick Up 歯周病は予防が大切!

歯周病のもっとも効果的な対策は「予防」です。再発しやすい病気であるため、ケアを怠ると再び歯周病にかかってしまいます。ご自宅で毎日丁寧にブラッシングをするのはもちろん、歯科医院で予防歯科(定期検診)を受けることが重要です。当院の定期検診の間隔は症状により3ヶ月~6ヶ月です。
» きしだ歯科クリニックの予防歯科はこちら

  • ページの先頭へ戻る